Kaleidoscope

人生迷走中。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

回顧イロイロその2 

部屋の片づけをした事がキッカケで、以前足繁くコンサート通ったSMAPさんの事を最近よく回顧しています。
ワタクシ以前にVさんに嵌った理由みたいなものを語った事があるのですが(今読み返すと知ったかぶりみたいで恥ずかしいなこの話)
これと真逆をいっていたのがSMAPさんだったんですよね……
これに関する当時の私の葛藤って結構顕著だったりしまして……

正直こういう事を書くと目ざとく見つけられて叩かれそうで嫌なんですけど(苦笑)
百歩譲ってそれもカラーとして認めるし、クオリティ面での期待はしていないよという前提の下(この時点でかなり失礼な話ですけど)、
好きだからゆえにやめてほしかった事がひとつあります。
という事であとは折り畳みにします。独り言なので興味ない人はここで回れ右してくださいませ。



以前も言っていましたが、SMAPさんにしろ嵐さんにしろ、誰か特別に好きという推し担的な人はいなくて全員を平均的に好きというスタンス(いわゆるグループ推し?)だったわけで、でももちろんコンサートとか言って間近でメンバーを目にする事があれば、木村さんとかやっぱり格好いいなぁと思ったりもしたんですよ。確かに当時めちゃくちゃ格好良かった。たとえスタイルがそこまで良いわけでなくても、顔面偏差値と雰囲気や佇まいで補って余りあるほどには格好良かったし、自分を格好良く見せる魅せ方をよく知っている人という印象でした。スマスマのエッグポーカーの黒服とか超格好良かったですよ。
世間的なイメージとして、SMAPさんは決して歌が上手いグループではなく、中居さんにいたっては音痴を逆手にとってキャラにしちゃっている節があったわけです。
で、酷い言い草ですけど私歌唱力は全然期待してなくて、歌番組で生歌やってくれるのはいいけど音外さないかハラハラして気が気じゃなくて正直楽曲の良さを堪能できないっていう(笑)それくらいな感覚でいまして。
当時の私のセリフは「コンサートだと結構上手く聞こえるから大丈夫!(←ホント酷い)」でしたからね……

でも、歌上手くなくても一生懸命だし、上手くなくてもどこか心に伝わる歌をいっぱい歌ってくれているのが好きだったんですよ。
ちなみに中居さんですが、私は個人的に彼は自虐するほど下手だとは思っていませんでした。彼の音域に合うものや歌いやすいジャンルの曲を持ってくると結構聴かせる歌い方できる人だった(要は曲を選ぶタイプの歌い手)ので、まあ上手いわけじゃないんですけどなんていうのかな、彼の歌に対するスタンスがそのままグループのスタンスみたいな感じだったのかなと思います。

で、好きだからゆえにやめてほしかった事というのが、

木村さんの歌い方だったんですよね……(木村さんファンの方がいたらすみません)
歌唱力で言えば6人時代は森くんがダントツ上手くてよくソロ取ってた印象だったんですが、5人になってからリードボーカル的な役割を担った(というか担わざるをえなかったが正しい)方で、もちろんグループ内だけで見れば上手いんですよ。そこそこ歌える枠にいられるし、ビジュアルもいいから雰囲気も相俟って上手く聴かせられるし実際上手かったのだと思います。
でも私がFC入ってコンサート通っていた当時、一度も彼の歌を上手いと思って聴いた事がなかったんです。申し訳ないんですが。
なんでかっていうと、素直に歌ってくれないから。
有り体に言えば、アレンジしちゃうんです。CD音源通りに絶対歌わない。

この点については賛否あると思うので、私の感覚はあくまで主観だけで構成されていますし、アレンジして歌ってくれるのを好意的に受け止めている人のほうがむしろ多いとは思います。でも、私はどうしてもこれがダメだった。
オリジナル曲ってリリースした時のいわゆる第一印象が一番強く残るし、手元で繰り返し聴くとなるとやっぱりCD音源になるわけです。なのに、音楽番組出ると変なフェイク入れたり、溜めて妙なビブラート掛けたり、ほんのちょっと歌い方変えるとかじゃなくて丸々違う曲みたいにというか違う人が歌っちゃったみたいに(極端な例え方するなら演歌歌手がこぶし聞かせてJ-POP歌うような感じ)変えられてしまうので、もうね、ホントにね勘弁して……って毎回思ってました。
いい曲いっぱいあるのに、なんか毎回残念感がすごくて(苦笑)どうしてもこれはコンサート行かなくなるまで受け付けられないものでした。


だから逆に坂本さんの素直な歌い方がストンと落ちてきて、今までちゃんと聴けてなかったことを激しく後悔しましたし、TTTで初めて生歌聴いたときに、改めて私はこの人の癖のない素直な歌声が好きなんだなぁと思ったのでした。
人の好みは千差万別、色々なので、たぶん、坂本さんの歌声は口からCD音源と言われる(歌詞間違えないと生歌と証明できないくらいCD音源そのまんまで歌うところから)ほどですから、調子が悪くない限り音程も殆ど外さないし変なアレンジもしないし、人によっては普通すぎ?て面白くないのかもしれないんですけど、この言うなれば基本に忠実な優等生タイプの歌い方が私にとっては心地良いんだと思います。(苦笑)

私この話、誰にもしたことがなくて、でも結構腹落ちしないまま解散されてしまったので、今後木村さんの歌を聴く機会があるかはわかりませんが、若かりし頃のモヤモヤ吐き出しという事で。
すみません、ホントファンの方からしたらふざけんなみたいな内容なんですけど、だからといって嫌いだったわけではないのでそこは誤解なきよう宜しくお願いします。


関連記事
雑記の関連記事

category: 雑記

TB: --    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

[New]

[Attention]

[Category]

[Mail form]

[Archive]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。